2016年10月8日土曜日

プノンクーレン調査2


今日は晴れたり曇ったり、雨だったり、

めまぐるしく天候が変化したクーレン山でした。

この場所は何度も来ていますが、

乾季に来る事が多く雨季の訪問は初めてでした。

そのため、遺跡についているコケや植物がとても青々としており、

すっごくきれいでした。

ベンメリア遺跡なんかもこれと同じで

乾季よりも雨季の方がコケが繁茂して雰囲気がとっても良いんです!

雨季にも良いことがたくさんあるんですよね。


最後にちょっと気になる滝を見に。

ではなく(笑)、

実はこの滝の上にモダマの木があるんですよね~

モダマ好きとしてはチェックしておきたかったんです。


下の写真の指の先です!


アップしたのがコレデス!!

中央に黒い縦長のものが見えますか(笑)

残念ながら昨年の実のようで古かったです。

そして、

この木も今年のマメがまだ見当たりませんでした。

他のポイントの木もそうでしたが、

数年に一度しか実をつけないものなんですかね?


この後は、

滝の下にも行ってきました!

いやー相変わらずカンボジアの皆さんはすっごくはしゃいでいました!

友達や家族とくると楽しいんでしょうね。


今の季節は水量が多いので

50m以上離れていても滝の水しぶきが雨の様に降り注いでくるので、

マイナスイオン全開でした(笑)

でも服着て3分立っていればビショビショ級です(笑)


そんな中、

水産局のパナラーさん!

すかさずちょっと下流で激流の中に投網を打ってました!

サスガデス!!

ただ、残念なことにポロプンティウス数尾しか採れませんでした。

まあ無理もないので仕方はありませんね。



そして、

また滝の上に戻ってみな思い思いの動きに・・・

僕は遺跡の石についたコケや小さな草を撮影しました。

手つかずの遺跡っぽい感じでとてもきれいでした。


そうしている間にも

みんなは遺跡の横にある湿地で

ベタプリマを5-6個体採集していました!

ちょっと意外な場所だったのでびっくりです!!


こうして自分の予測と共に

いろいろな情報を積み重ねることで

それが糧となり大きな経験へと変わっているので

本当に水域から学ぶことは多いですね(笑)

今日も良い経験をさせてもらいました!!



0 件のコメント:

コメントを投稿