2018年11月6日火曜日

本気で


親子採集をアップしましたが、

実は1回目の時は網をもっていなかったので

確かめられない事がありました。

水辺はじっくり観察していると、いろいろな発見があるんですよね。



発見といってもそんなに大袈裟な事ではなくw

ちょっとしたことなのですが

初めて見る魚の動きや様子に

目を釘付けにさせられちゃいましたw



いろいろあるのですが、

ひとつはドジョウの仲間Lepidocephalichthys hasseltiの動きです。

この魚はカンボジアの氾濫原エリアなら

どこにでもいるのではというくらいよく採れる魚です。

でも、なかなか生活している様子は見えないのですが、

この日はじっくり観察したのでその姿を確認することができました。



この魚は日本のドジョウと同じ様なスタイル(ちょっと寸胴ですが)なので

泥底をひたすら進むのかなと思いきや、

中層から表層を群れで泳ぐ2-3cmのラスボラ2種に交じって

同じ方向に泳いでいるんです!!

これが1個体ならたまたまなのでしょうが、

次々とそんな個体が現れるので

おそらくこの泳ぎ方も普段の生活の中でやっている行動なんでしょうね。

最近は生の魚を扱う時間が極端に少なかったので

一人で興奮しちゃって最高に楽しかったです(笑)


それから、もう一種コイ科で2cm程の

Amblypharyngodon chulabornaeという魚がいます。

ひたすらじっとして観察していたら

1回目の時にラスボラや他の種ではない

魚の群れを確認していたのですが、

たぶんこの魚ではないかと予測して観察していました。

それを2回目の時にタモで掬うと

やっぱり!!Amblypharyngodon chulabornaeでした~


お陰で1個体持ち帰って

その日の深夜に撮影しましたw


同じ小さな魚でも種類によって

あんなに違った生活をしているのか!!と

いろいろと考える時間をもらった2日間でした。


そろそろ採集行きたいな~(笑)




親子採集


久しぶりのアップです!

採集にも行っていない日々が続いており、

これといってアップするネタがありませんでした(;^_^A


でも、先月末に2度、

娘が好きなシェムリアップ空港に飛行機と牛を見に行ったのですが

その場所の脇が雨季の最後という事で

水がたくさんあって魚たちが見えたので

ちょっと魚採りを始めて親子で楽しみました。


その前にw

飛行機の発着は近くで見ると迫力ありますね~

音もすごいですが、

あんなにデカい塊が飛んでいる事に驚きますw



この小さな水辺水田ですが

水の多い所にはラスボラの群れがたくさんいたり、

グーラミーやキノボリウオが時折水面にでてきたり、

スネークヘッドの幼魚も顔を出していました。


正直、水辺を見だしてからは

飛行機よりも気になっちゃって

上を見るはずが下ばかり見る羽目にww



カンボジアでの初めての親子魚採集楽しかったです!


2018年10月11日木曜日

魚料理特集


クロマーマガジンさんの今月号は

魚料理特集が組まれました!!

表紙も魚でw今までとはちょっと違ったイメージですね!


そこで編集長さんから依頼を受けて

カンボジアの魚に関する記事を執筆させていただきました。





今回は珍しい魚というよりは

とても身近な魚たちが取りあげられ

カンボジアの人たちから旅行者の方々まで

広く食されている魚たちに焦点を当てています!



また、魚とカンボジアの歴史や

文化なども紹介されているので

魚料理を食す前に目を通してもらえると幸いです。


こうして見ると、

美味しそうに見えますw!!

僕もしばらく魚料理を食べていないので

今度食べに行ってみようかなw!



サッカー


先日はいつもやっているフットサルメンバーに

カンボジア1部クラブでもあるソルティーロの選手も加わっていただき、

カンボジア人チームとの試合をしました。


今回もすごいうまい選手たちとの試合だったので

僕みたいな素人ではまったく役にも立てませんでしたが、

いつも応援しているプロ選手と一緒に試合ができた事は

ど素人の僕にとってはすごく幸せな時間でしたっ!


なかなかやりたくてもできないですからね。

チームのみんなにも感謝です。

貴重な体験ありがとう!!



2018年10月6日土曜日

標本整理


標本整理をしてみると

これまでに採集した魚や当時の景色がいろいろと

蘇ってきました。


とはいっても、

大半の標本はすでに日本の博物館に収蔵しているので

手元にあるのはここ8年ほどの分しかありませんが、

この魚たちが残してくれたデータを

しっかりと活かさないといけないなと

この日も感じました。


そろそろまとめの本も追い込み段階なので

気合い入れていきますっ!


標本探し


ここひと月ほどは

今まで貯め込んでいた新しい文献と自分のデータを

突き合わせて新種記載された新しい種に自分の標本が該当するのか?

を確認する作業をしています。


仮に該当してしまうとw

手持ちのデータをすべて書き換えないといけないので

1種書き換えるだけでも大変な作業です(笑)


そんな訳で昨日はクラリアス(ナマズの仲間)で

ベトナムとカンボジアから新種記載した論文をチェックしたところ、

いろいろな部位の測定をし直さないと

どちらの種か分からないので

ひたすら採集した標本を探す作業をしました。


本当は液浸収蔵庫の様な専門の部屋があって

なおかつ個体別に収蔵できるだけの標本瓶があれば

管理も簡単なんですが(笑)

貧乏研究所ではそうはいかないんですよね~(笑)


地道で面倒な作業だらけですがw

やらないと進まない作業なので

やるしかないですよねw

結局、目当ての標本を無事に見つけて

必要な個所をすべて計測して体長比や頭長比%で出したところ、

2種のレンジがかぶっている数値が多くて

はっきりと区別するには至らないという

中途半端な結果に・・・

でも、たぶん新種の方に入りそうな感じです。


まだまだこんな感じの作業があるので

根気強くやっていきます。



最終戦


こちらも一週間ほど遅れていますが(笑)

前回の日曜日にカンボジア1部サッカーリーグの最終戦が

行なわれ、シェムリアップの2チームの試合がありました。

惜しくもお互いに引き分けとなりました!

チームを応援し始めて2年目ですが、

どんどん強くなっていると感じているので

来季が楽しみです!!




アクアライフ(フォーバー)


続いてアクアライフ9月号の

世界の水辺からシリーズで

メコンのフォーバーダトニオについて執筆しました。

実際のフィールドで見るダトニオは何とも言えない感動がありますw

何度もメコンへ通って数年目でやっと水中で出会うことができました。

ダトニオマニアの方にもぜひ見て欲しいフィールドです。


興味のある方!ぜひご連絡くださいw

一緒に見に行きませんか??





アクアライフ(フグ)


ひと月遅くなりましたが

アクアライフ9月号のフグ特集で一部執筆と

メコンのフグ写真を掲載しています!


機会があればぜひ!見てください!!

フグファン必見です!!


今後もメコンやカンボジアの魚を

日本のアクアリストさんに知ってもらうために

いろいろな形で見ていただき、

フィールドを知ってもらいながら

アクアライフがもっと楽しくなるようにガンバリマス!!




2018年9月29日土曜日

ツアーのお知らせ


少し遅くなりましたが、

やっとお知らせする機会が来ました!

この度、株式会社ピースイン・ツアーさんとご一緒に

「カンボジア 水辺の暮らし体験&子供たちへの特別授業」という

ツアーを企画させていただきました。


現在のツアー日程は11月から1月にそれぞれプランがたてられています。

6日間のツアー内容ですが、

東南アジア最大の湖であるトンレサップ湖訪問、

投網採集体験や漁村での魚料理を楽しんだり、

湖の環境問題についての授業を小学校で行ったりします!



魚好きの方はもちろん!

環境や教育に興味のある方にも楽しんでいただける内容です。

この旅を通してカンボジアを知っていただける楽し旅です!

ぜひ!ご参加いただけると幸いです!!

魚を通じて皆さまと楽しい時間を過ごせるよう頑張りますっ!!

https://www.pitt.jp/study/tour/detail.php?tour_code=STP-43

(サイトはこちらから)


2018年9月24日月曜日

サッカー応援


昨夜はカンボジアサッカー一部リーグで奮闘中の

ソルティーロアンコールFCの交流会に行ってきました!



いつもスタジアムへ応援に行った時にいる選手が

たくさんいるので娘も嬉しそうでしたw


応援団長も来てました!!

娘もこの巨体にだいぶ慣れてきたようでw

泣く事もなくなりましたw


記念に海野選手のサインと

ゆうた選手には娘の背番号12を書いてもらいました。


今シーズンはあと1試合となりましたが

最後は宿命のライバルとの試合なので

気持ちの良い試合をしてもらいたいです!!

このイベントにも参加できて良かったです!!

ソルティーロの皆さん!頑張ってください。

ありがとうございました。

2018年9月19日水曜日

琵琶湖の水族たち


今日、ノンフィクション作家の山川徹さんから

友達経由で産経新聞の「琵琶湖の外来魚に異変」

という記事をいただきました。


記事によると、

12年度に本格的なバスギルの捕獲を開始してから、

19年度の543トンをピークに昨年度に176トンまで減少し、

昨年度(4-7月の4か月)は76トンでしたが、

今年度はわずか34トン(半分以下)しか採れていないため

なぜバスギルが減ったのか?

・・・という内容でした。

まさにミステリーです。


またギルがともかく減った!

今年はバスの稚魚が異常に多い!

バスとギルの捕食関係についての議論!

中でもギルのサイズと個体総数に関する内容・・・



などが書かれていました。





去年も今年も帰国した際に

このブログでも少し触れたので重なりますが、

たった数週間の琵琶湖滞在でしたが、

その中で実際にフィールドを見て、魚を釣って、

魚を採って、さらに潜って見た結果、

10~20年前と比較すると

琵琶湖の魚を始めとする水族たちの環境が

変化していることをすぐに感じることができました。


そんな事もあり

もし自分が琵琶湖にいたら、

魚屋なのでいくつかの魚種をメインとする視点から調査研究したいな~と

思いを書いた覚えがあります。

こんなに興味深くて壮大なテーマもそうそうないですからね。

これを書いている今も思わずうずうずしちゃいますw



ここからが本題ですがw

もう琵琶湖の住人ではない素人の話です。


僕がこの件に関する感覚を自分で得たのは

いくつか道筋があり、

この記事とは少し違う視点からなのですが、


まず一つ目はバスに関連することで

この10年くらいでバスの大型個体がだいぶ増えたなという事です。

琵琶湖ネタはカンボジアからもいつも見ているのですが、

先ずは近年デカいバスを釣る人が増えたな・・・とw

実際に自分も昔ナマズを釣りまくっていたいくつかの水路で

釣りをするとデカいバスが簡単に釣れるんです。

新聞では琵琶湖在来種の脅威となっている

バスギルの漁獲数の変動に注目していますが

ここも大きなキーになると思っています。



二つ目は琵琶湖の住人だった頃に

共同研究でやっていた県内の魚分布調査の結果で出た

エコトーン(移行帯)という言葉が今とても気になっています。

当時の研究では琵琶湖と湖を取り巻く連続した水域において

あるラインを境にバスギルと在来種とが棲み分けしているという

研究結果を出しました。

あれから10年ちょっと・・・

それがもしかしたら変化しているのでは?

当時釣りをしても投網を使って採集しても

何度やってもいなかった水域に稚魚から50アップのバスとギルが

ごく当たり前にいるんです。

一本の河川なら人による移入も考えますが、

在来種が多く好きだった何本もの水路や河川すべてで

そんな魚類相に変わっているんです。

これだけ見ても確実に10-20年前とは

バスギルの生息レンジに変化がある事は間違いないです。

そうなると、

当時の研究結果で出たエコトーンラインが

変化しているという事ですよね。

琵琶湖水系にバスギルが入って何年経つんでしょうね・・・

当時は又聞きですが、湖岸に無数にいたカワバタモロコやイチモンジタナゴが

姿を消したそうで、当時を僕は何度も頭の中で想像したか数えきれないくらい

思い描きましたね(笑)!


ここで思うのはなぜこのタイミングで彼らはエコトーンを越えたのか?

ここではこれが僕にとっての興味深い大きな謎のひとつです。



ここまでならまだいいのですが(笑)

さらに驚く事があるんです。

今度は逆に在来種に関してです。

当時、僕は琵琶湖と琵琶湖を取り囲む地域で

何年もほぼ毎日魚採りをして過ごしてきましたw

そんな中で琵琶湖固有種であるコイ科のワタカという魚がいるのですが

この魚と容易に出会うことができたのはある琵琶湖の内湖くらいでした。

それ以外だと、本来の生息地ではない霞ヶ浦や北浦、

山陽、九州に行った方が移入種扱いですが

簡単に採れるくらい琵琶湖では生息地が限られた魚でした。

そんなワタカが今夏に琵琶湖面から高い水域(流入河川)で

たくさん確認できたことです。

このエリアは(たぶん)逆水も使っていないエリアだと思うので

大水などのタイミングで遡上したのか??

と驚きました。

さらに当時毎年何度も投網調査をしていた琵琶湖岸の水路でも

今夏の夜間に良型のワタカを確認しました。

もちろんその水路でのワタカ採集記録はこれまでありませんでした。

このようにワタカの確認できる水域にも変化があるのは確かな事だと言えると思います。

(もしかしたら僕が知らないだけでこの数年に何かのイベントで

大量のワタカを各地に放流した!とか落ちネタがあるかもしれませんがw)

なので、8月にワタカを確認した時には

よくここまで来たな!

良く増えたな!

と嬉しく思いましたが同時にこれが人の手が入っていない現象ならば

水の中で何かの変化が起こった結果だとすぐに感じました。


ここまでバス・エコトーン・在来種のワタカについて

書きましたがここでの大きな謎は

脅威であるはずのバスギルが海(湖)から内陸(河川、水路)へ入ったという事実と、

ある意味逃げる側の在来種ワタカも同じ水域に出現した事です。

(もっと言えばワタカは増えていると推測できます)

ここがもう一つの僕の知りたい謎ですw



三つ目は昨年、今年共に

琵琶湖北西部に潜ったのですが(遊び程度です)、

在来種ばかりでバスギルを見たのは大小限らずほんの少しだったことです。

今夏に限って言えばわずか100m四方にも満たないエリアだけですが

バスを見たのは2個体だけ(200mm前後)、

ギルはゼロ。

その一方で浅い岸際をいくつもの群れで泳ぐ湖アユ、

小さな群れで泳ぐオイカワ、

時々単独で泳ぎ去るハスとニゴイ、

浅場の障害物まわりでうろつく無数のビワヒガイ、

その他の底モノたちw、

と、琵琶湖内で在来種たちの姿が今も多かったのは嬉しかったですね。

これはいくらバスギルと言えども

膨大な水量、水深の幅、在来の生物相とその資源量や

その他の様々な環境条件があっての今がある!と僕はいつも思っています。

ここでいつも思うのは、

バスギルが侵入した水域では在来種が絶滅したり、

少し大きな水域だとバスギルが増加しその他の資源が減少し、

いつの間にか資源が少し回復して逆にバスギルが減る、

こんな単純ではないですが、この様な増減の山を繰り返したり、

だんだんその波が小さくなりあるラインで安定したりしていますが、

上記の様な他にない条件をもつ琵琶湖では

違う道筋を辿っているのでは?

もしくはバスギルが定着してから大分経ちますが

実は一つ目の相互の増減の「波はいまだにひとつ目なのでは」ないか?

とさえ思ってしまいます。地球上でも過去にない例だと思いますが、

もしかすると、まだ誰も僕らヒトが気付いていない事が

いくつもの条件が重なって起きている可能性がとても高いのかな~

と。



長々と素人目線で綴りましたがw

現在の琵琶湖の水族たちの変化はいずれにしても

今年のバスギルの増減とギルのサイズだけではなく

琵琶湖博物館の中井さんのコメントの様に

ギルが摂取するプランクトン調査などをはじめ、

琵琶湖とその集水域全体の水生動植物、水質の他、

昨年のアユの産卵数減少の原因、

その他在来種の現在の分布域の再確認と過去の比較とその要因、

野洲川河口の砂の堆積問題をヒントに各河川の河床や水質調査などなど

地質学も含めてすべての水環境分野での研究がとても大切になり、

その結果からしか本当の現在地は見えてこないのではないかと感じています。

今起きている事の原因は何なのか?実はスタートは無くて

その前から絶えず起きている変化のひとつなのではないかと。


とても大変な研究になりますが

古代湖として生き続ける

400万年の歴史の一部である今を最良の形で未来へつなげるためには

今の努力がなによりも大切だと思っています。

(知ったかぶってしまいすみません!)

琵琶湖を見守る各分野にはすごい研究者さんたちが

たくさんいらっしゃるので今こそ

力を合せて少しでも良い方向へ進むように

琵琶湖に力を注いでいただきたいというのが

琵琶湖好きの僕らの気持ちですよね。




・・・これは今の僕のフィールドでもある

カンボジア、さらにはインドシナ半島でもいえる大きな課題でもあります。


魚屋としてはその研究の一端として

魚分野で記録を残せればこんなに嬉しい仕事はないですよね。


これを書いていて自分で気が引き締まりました。

知らない事を、

気付いた事を、

突き詰めるには

行動しかないですからねw


気張りますっ!



2018年9月18日火曜日

ルアー採集w


先週ちょい釣りの際に

ルアーを引っ掛けてしまい(-_-;)

それを早く回収したくて今日池に入って

小さなミノーを回収してきましたw


そこまでして引っ掛けたルアーを取りに行くなんて

小学生の頃を思い出しました(笑)

チビの頃は数個しかもっていない

ルアーを引っ掛けちゃうと、

ショックがすごく大きくて

こうやって回収作戦を立ててはやっていました(笑)


当時はワームなんかも1本買いして

家で嬉しくて毎日触ってましたからねw

すごく懐かしい思い出です。