2020年2月26日水曜日

これにて


メコンから帰ってすぐに

サッカーの応援でドラムを叩いたのですが、

気合いが入りすぎていつもの数倍力を込めたので

試合開始10分でひとつ目のマメができて皮がむけちゃって、

それをかばうようにスティックを握ると、

また他の場所が・・・

計6つのマメができてしまい、

1日からのメコンツアーに向けて

治さないといけないので(;^_^A


この2日間はPCからメコンの様子を

ブログに書く作業しかしていませんw


本当は単車いじったり、

他の事もしたんですけどね。


お陰で50個もブログ書いちゃいました(笑)

気が付けばだいたい手持ちの写真は紹介できましたっ!






帰りにもう一度



行きに立ち寄った支流に帰りも寄って

一時間だけ釣りをしました。

インスタにはアップしましたが、

こちらはコイ科の

シストムス・ルブリピンニス(Systoms rubripinnis)です。

ほっぺの赤が可愛いですw


そしてこっちは

今回タカさんが爆釣していたカスープの仲間

Hampala disparです。


出遅れましたが何とか釣れましたw


1.カンボジアの魚採集&釣りフィールド案内はこちらのHPから
本格的なガサガサ魚採集や釣りの案内をしています。
https://cambodiafish1.jimdofree.com/

2.ブログはこのブログから(フィールドから帰った時にじっくり書いているメインブログです)
Cambodia Fish LIFE ~シェムリアップ淡水魚研究所SRF-Labo~
cambodia-fishes-life.blogspot.com

3.佐藤のインスタグラムはこちらから(フィールドからの速報情報)
siemreapfwfisheslabo

4.フェイスブックはこちらから  佐藤智之

よろしくお願いいたします。




オマケでホシクサ観察


メコンの帰りには

健太郎さんのリクエストでホシクサポイントへ行ったのですが、

その近くでミズオオバコっぽい仲間や

赤いトリゲモ?っぽいヤツも見れました。


ここでは大きな成魚のベタもたくさん採れてヨカッタデス。

僕はコガタノゲンとデハーニとマダラゲンゴロウもとりました(笑)
(すっかりゲンゴロウ好きになっちゃいましたw)


キレイなベタやホシクサの写真は撮り忘れました!!

健太郎さんとたかさんがアップしてくれますのでお待ちください!!




1.カンボジアの魚採集&釣りフィールド案内はこちらのHPから
本格的なガサガサ魚採集や釣りの案内をしています。
https://cambodiafish1.jimdofree.com/

2.ブログはこのブログから(フィールドから帰った時にじっくり書いているメインブログです)
Cambodia Fish LIFE ~シェムリアップ淡水魚研究所SRF-Labo~
cambodia-fishes-life.blogspot.com

3.佐藤のインスタグラムはこちらから(フィールドからの速報情報)
siemreapfwfisheslabo

4.フェイスブックはこちらから  佐藤智之

よろしくお願いいたします。

夜の岸辺散歩で



国境村滞在中は

毎日夜釣りをして楽しんだのですが、

岸辺の魚探しの時に

ちょっとしたカケアガリがあったので

そのラインをタモで掬うと、

やっぱりいましたっ!

淡水カレイの仲間です。

いくつか種がいるのですが間違いなくBrachirus属です。

ハルマンディかパノイデスのどちらかと思います。



もうすでにまた行きたいなあ!と思っちゃってます(笑)



1.カンボジアの魚採集&釣りフィールド案内はこちらのHPから
本格的なガサガサ魚採集や釣りの案内をしています。
https://cambodiafish1.jimdofree.com/

2.ブログはこのブログから(フィールドから帰った時にじっくり書いているメインブログです)
Cambodia Fish LIFE ~シェムリアップ淡水魚研究所SRF-Labo~
cambodia-fishes-life.blogspot.com

3.佐藤のインスタグラムはこちらから(フィールドからの速報情報)
siemreapfwfisheslabo

4.フェイスブックはこちらから  佐藤智之

よろしくお願いいたします。

コツコツ貯金


ダトニオとはまた違う浅い水域でも

欲しかった魚が採集できたので大きな収穫でした。

これも水位が下がっているお陰なんですよね。


ここでのお目当ての魚はこれっ!

ドクターフィッシュで有名になった魚と同じガラ属の魚

Garra fasciacaudaです。


早瀬でも難なく俊敏な遊泳力を披露してくれました。

カッコイイです!!

群れでかたまるというのも特徴でしょうか。



その魚を存分に観察した後は

2m程の小さい円をつくってピンポイントで投網を打ちます。

底質が岩盤で平らなエリアだけに網をかぶせます。

大きな浮き石もかぶせるとやっかいですw


すると!採れるんです!!

これは相棒のティーさんが採ってくれました。


健太郎さんもその魅力を存分に楽しんでくれていましたw

嬉しいです。


採集した個体は持ち帰って

夜釣りの後、じっくり撮影しました。

これでまだ図鑑の内容も充実しました。

大学や研究施設のプロジェクトの様に何千万もお金があれば

短期で一気に収集できますが、

ひとりの力だと一度にできる内容ではないので

その時のベストをひとつひとつ貯めていくしかないんですよね。



そこは辛いところでもあり、

楽しいところでもありますw

貧乏暇なしw



1.カンボジアの魚採集&釣りフィールド案内はこちらのHPから
本格的なガサガサ魚採集や釣りの案内をしています。
https://cambodiafish1.jimdofree.com/

2.ブログはこのブログから(フィールドから帰った時にじっくり書いているメインブログです)
Cambodia Fish LIFE ~シェムリアップ淡水魚研究所SRF-Labo~
cambodia-fishes-life.blogspot.com

3.佐藤のインスタグラムはこちらから(フィールドからの速報情報)
siemreapfwfisheslabo

4.フェイスブックはこちらから  佐藤智之

よろしくお願いいたします。

フォーバーダトニオ観察から


・・・という感じで

今回の大きなテーマでもあった

ベタ採集とフォーバーダトニオを見るという課題を

事故もなく、なんとかクリアできたのが本当に良かったです。


健太郎さんもしっかりと水中でダトニオの泳ぐ姿を

見てくれたのは嬉しい限りです!!



ただ、この魚の現状を考えると、

個人的な感覚では年々本種の漁獲量は

減少していると感じています。


いくらメコンが偉大な河川でも

ダムやヒトの生活が水環境に及ぼす力は大きいなと・・・


きっと10年後には今よりも個体数は減少し、

20年後を想像すると怖くなっちゃいます。


メコンが絶えず海に吐き出している

マイクロプラスチックの問題などが話題として目立ちますが、

この大地に住むヒトすべてが大きな責任を負っているのは

間違いないです。

それに気付いて行動できる教育が急務かなといつも思います。




1.カンボジアの魚採集&釣りフィールド案内はこちらのHPから
本格的なガサガサ魚採集や釣りの案内をしています。
https://cambodiafish1.jimdofree.com/

2.ブログはこのブログから(フィールドから帰った時にじっくり書いているメインブログです)
Cambodia Fish LIFE ~シェムリアップ淡水魚研究所SRF-Labo~
cambodia-fishes-life.blogspot.com

3.佐藤のインスタグラムはこちらから(フィールドからの速報情報)
siemreapfwfisheslabo

4.フェイスブックはこちらから  佐藤智之

よろしくお願いいたします。


フォーバーダトニオ観察(潜水6回目)ツーショット


これまで何年もDatnioides undecimradiatus

追いかけて来ましたが、

今回初めてちびっ子のツーショット撮影に成功しましたw

個人的にはすっごく嬉しい一枚です!

(たぶんこれも世界で初の写真です)


この淵の底4m付近にいた1個体を撮影していたら、

いつの間にか1個体現れたんです!


ちょっとだけ威嚇し合う様子も見れましたが、

その後は仲良く泳いでいました。


こんな時くどいようですが、

ボンベが欲しい~

フーカーでもイイですよね。

今度コンプレッサー買おうかな(笑)

ヘタレなので最大でも1分程の幸せなひと時でした。



1.カンボジアの魚採集&釣りフィールド案内はこちらのHPから
本格的なガサガサ魚採集や釣りの案内をしています。
https://cambodiafish1.jimdofree.com/

2.ブログはこのブログから(フィールドから帰った時にじっくり書いているメインブログです)
Cambodia Fish LIFE ~シェムリアップ淡水魚研究所SRF-Labo~
cambodia-fishes-life.blogspot.com

3.佐藤のインスタグラムはこちらから(フィールドからの速報情報)
siemreapfwfisheslabo

4.フェイスブックはこちらから  佐藤智之

よろしくお願いいたします。

フォーバーダトニオ観察(潜水6回目)2


本当はアクアライフさんとかで

特集記事にして詳しく紹介したかったのですが、

それよりも早くアクアリストの方に見てほしかったので

アップしちゃいました(笑)



さて続きですが、

フォーバー(D.undecimradiatus)も

プラスワン(D.microlepis)も

プルケール(D.pulcher)も

飼育した事のある方は経験があるかと思いますが、

体側のバンドと体表の黄色がキレイに出ない事がありますよね。


でも、フィールドの個体はホンマに鮮やかな色を発します。


特にちびっ子は水槽の隅っこにくっついて

黒くなっちゃう環境の水槽ありますよね。


このバンドがフィールドで必要なわけも

水中観察を長年してきて

いくつかのシチュエーションによっては

なんとなくわかる気もしてきましたw



上の個体はキレイなバンドですよね。

タイから出荷される個体もバンコクでたくさん見てきましたが、

中にはすごい複雑なバンドも個体もいますよね。

今回も片側が乱れたバンドの個体も見ました。

やっぱりいるんですね!


さらには肉の付き具合にも注目です。

アクアリウム下では個体によっては

給餌で苦労される方もいあるかもしれませんが

背中の肉つきはベストな状態ですよね。

これが本来の野生個体なんですよね~

そんなこんなで(笑)

何度潜っても得られる情報が多すぎて

息がもちません(笑)




今年の3月ー4月はさらにフォーバーダトニオの観察に適した

今世紀最大のチャンスですw

研究所にもっとお金があれば

ひと月滞在したいです(笑)


すぐに写真をパクる人がいるのでw

ロゴをデカくしています。

見にくくてごめんなさい!





フォーバーダトニオ観察(6回目)


今回の旅でフォーバーダトニオを探す潜りは

この時が4か所潜って合計6回目(笑)




ウェイトをつけて4-5mの緩やかな淵の底まで行って

探すと、いました!!!



最初は追いかけて動きを覚えながら

チャンスがあればタモで掬おうとしましたが、

段々体力がきつくなってきたので

採集を諦めて

データを残すために残りの体力はすべて

撮影に切り替えました。


この淵には2日間で5個体見つけましたが、

みんなそれぞれなわばりがあるようです。

水の流れや岩盤の形状など

やっぱり良いなと思う場所にはついていますね。

チビダトたちも本能でそこを選んでいるんだろうなと思いました。


この日もおいかけっこをするんですが、

中には頭の良いヤツもいて

ほとんどの個体は僕から遠い方へ逃げるんですが、

一個体だけは逃げる時に僕に向かってくるんです(笑)

そして腕と顔の間をすり抜けるんですよね(笑)

後ろに行かれると、泥が煙幕みたいになって見失っちゃうんです(笑)


やつはまだちびっ子でしたが、

なかなかのダトニオですねw

タンクがあれば1時間潜りたいですね~

それくらいあれば友達になれそうです(笑)




1.カンボジアの魚採集&釣りフィールド案内はこちらのHPから
本格的なガサガサ魚採集や釣りの案内をしています。
https://cambodiafish1.jimdofree.com/

2.ブログはこのブログから(フィールドから帰った時にじっくり書いているメインブログです)
Cambodia Fish LIFE ~シェムリアップ淡水魚研究所SRF-Labo~
cambodia-fishes-life.blogspot.com

3.佐藤のインスタグラムはこちらから(フィールドからの速報情報)
siemreapfwfisheslabo

4.フェイスブックはこちらから  佐藤智之

よろしくお願いいたします。

他の魚たち3種(メコン本流)


 フォーバーダトニオを追いかけている時に

出会った魚を少しだけ紹介しますね。




今回の旅でたくさん釣ったカスープ(H.dispar)と

同属でもっと大きくなるカスープ(Hampala macrolepidota)です。

もう少し大きな個体がいれば良かったのですが、

潜った場所が4-5mの淵だったのでこのサイズしかいませんでした。


こっちはお馴染みのスパイニーイールですが、

タイヤトラック(Mastacembelus favusとM.armatus)ではなく、

Macrognathus siamensis(ピーコックスパイニーイール)です。


この魚はどちらかというと氾濫原の水路や河川、

水田などで見られる事が多いのですが、

メコン本流にもいるので生息環境の幅が広い魚ですね。

大きな目玉模様が本当にクジャクのようですw


最後は日本でもお馴染みのブルーギルっぽい魚

プリストレピス(Pristolepis fasciata)です。

歴としたインドシナの在来種です。

一時期はバンデットシクリットみたいな名で

日本にも入荷していましたよね。


これも上のスパイニーイールとかなり近い

分布をしている魚です。

目が大きくて丸い体型なので飼うと可愛い魚ですよ。


今回はわき役たちでしたが

カンボジアを代表する魚たちです!






1.カンボジアの魚採集&釣りフィールド案内はこちらのHPから
本格的なガサガサ魚採集や釣りの案内をしています。
https://cambodiafish1.jimdofree.com/

2.ブログはこのブログから(フィールドから帰った時にじっくり書いているメインブログです)
Cambodia Fish LIFE ~シェムリアップ淡水魚研究所SRF-Labo~
cambodia-fishes-life.blogspot.com

3.佐藤のインスタグラムはこちらから(フィールドからの速報情報)
siemreapfwfisheslabo

4.フェイスブックはこちらから  佐藤智之

よろしくお願いいたします。