2016年11月28日月曜日

釣り1(セコン川)


2日目の最後は再びホテル前のセコンに行きました!

今回は投網ではなくゆったりと釣りです!


今回はエサのエビが上手い事採集できそうもない事と、

雨季の増水で岸辺の土が柔らかいのでミミズを使う事に!!

なので、まずはミミズ堀から(笑)

幸運にもザクザクとミミズが出てきたので良かったです。

乾季だとそうはいかないんですよね(笑)


そして、いつもの様に

中通しの4号オモリに丸セイゴ(7-10号)の一本針でのぶっこみ釣りです。

このあたりがたまらなく好きです(笑)


この日は幸いにもいろいろな魚がたくさん釣れて楽しい

釣りとなりました。

これは投網採集でも採ったHypsibarbus wetmoreiの幼魚です。

三人で10尾くらい釣れました。

大きな個体は20cmくらいでしたので楽しかったです。


 こちら(下)はミスタスの仲間の

Mystus singaringanです。

脂ビレがすごく長いのと両目がすごく近くて

小さい顔立ちの魚です。

長くて白いひげもカッコイイですよね。

この魚もたくさん釣れました。


そして、こちらはカンボジアではお馴染みの

Hemibagrus spilopterusです!

以前はH.nemurusの名で通っていた魚で

イエローミスタスの名もありますよね。


ドライバーのティーさんも

10尾くらい釣ってました!

最初は釣りはいいよ!なんて言ってましたが、

投げ方を教えて竿を持たすと、

ハマってしまい楽しんでいました(笑)

しまいには今度竿を買うとか・・・(笑)


下の魚は一見するとパンガシウスかなと思いますが、

違う属なんです。

ヒゲが4対あるのがClupisoma sinensis

3対あるのがLaides longibarbisです。

でも、今回の魚はまだしっかり見ていないのでどちらかは不明です(汗)

メコンにはいろんな魚がいるんですよね~



こちらの赤いヒレの魚は

アクアリストには有名なシルバーバルブ(Barbonymus altus)ですね。

まだ小さな個体ですが、

赤いヒレがよく発色していてすごくきれいでした。


さらには

この赤いヒレのナマズ!

これはレッドフィンミスタスなどの名で知られる

Hemibagrus wyckioidesです!

大きな個体は70cmくらいにはなります。(もっと大きくなる事も)


熱帯のナマズらしい顔つきです(笑)

日本のナマズとはまた一味違う魅力がありますね。


そして、今回同行していたMさんが

一番見たかった魚がボティアの仲間なんですが、

ここでやっと姿を現してくれました!!

最初は僕の竿にかかり、

みんなで大喜びしていたら、

次はMさんにも!!

もうMさんと飛び跳ねちゃいましたね(笑)

やっぱり求めていた魚が見れると嬉しいものです!

そしてティーさんにも!

結局3人とも釣っちゃいました!

採集したての時はエメラルドに輝いていてすっごくキレイです。

水槽で見るのも良いですが、

フィールドで触ってみる魚は一番ですね!!

他にも釣れたのですが、

写真を撮り損ねました(笑)

それだけ楽しんでたんですね(笑)


本当に楽しい釣りとなりました!!

セコンに感謝デスネ。


0 件のコメント:

コメントを投稿