2012年12月18日火曜日

プノンペンのショップでプンティウス買いました

 
プノンペンでのオマケとして(笑)
 
仕事の翌日はショップにも少し行ってきました。
 
相変わらずの魚たちばかりでしたが、
 
Puntius partipentazonaがいたので10尾買ってきました。
 
実はこの魚は我が家のあるシェムリアップにも生息しているのですが、
 
採るのが難しい魚なんです(笑)
 
 
 
いつも生息地では1-2尾程度は集まるのですが、
 
10尾採ろうと思うとそう簡単にはいきません!
 
そんな理由でついついお金で買ってしまいました。
 
買った魚はうちの食堂の水槽に入れるためです。
 
今も5尾飼育しているのですが、
 
きれいな魚なので群れで泳がせたいですよね!
 
しかも、この水槽はうちの看板水槽なので(笑)
 
 
 
この魚は日本でも有名なスマトラと呼ばれる魚に似ていますが、違う種類なんです。
 
簡単に言えば従兄弟みたいな関係の魚ですね。
 
スマトラ(Puntius tetrazona)はスマトラ島などの島国に生息するプンティウス属の魚ですが、
 
この魚(Puntius partipentazona)はインドシナ半島の大陸に生息するプンティウスなんです。
 
そんなスマトラはカンボジアでも隣国から観賞魚として輸入されており、
 
このショップでももちろん売っています。
 
 
今回買ったショップの店員さんは俺が間違えてスマトラだと思って購入しようとしていると
 
思い込み、他のスタッフとコソコソ話をしながらパッキングしてくれました。
 
しかも、スマトラと同じ金額で売ろうとするんです!!
 
騙されて買った客と思われても構いません!!
 
なぜなら僕はスマトラではなく、P.partipentazonaが欲しいんですからね!
 
でも、この魚にしては高い買い物になってしまいました(笑)
 
このショップではアロワナなどの肉食魚用に毎日小魚が餌として入荷します。
 
その中にこの魚が50尾ほど入っているんです。
 
それを集めて水槽で売っているんです。
 
そんな仕組みも知ってはいるのですが、今回はイチャモンつけずに
 
素直に買いました(笑)
 
 
 
せっかく買ったので大切に展示しなくてはいけませんね。
 
ちなみに今回購入したプノンペン近郊産の個体の中にも体側に斑点(スポット)がある
 
タイプが混じっていました。
 
この問題に関してはこれからもっと情報を集めないと何ともいえませんね。
 
 

4 件のコメント:

  1. スマトラの従兄弟なんですか?
    昨日、熱帯魚屋で青いスマトラ見ていいなーって思ってたんですけど、形がタナゴみたいでシマシマもあって綺麗ですね。アロワナのエサになるのはもったいないですね。展示したところもぜひ見てみたいです。
    ところで、ちょっとお聞きしたいのですが、ベタはよくタイとかから輸入されてるのですが、カンボジアから輸入することは可能なのでしょうか?宜しくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. たけるさん

      スマトラの仲間はプンティウス属として東南アジアに広く数種類が分布しています。
      今回のPパルティペンタゾナやジョホレンシスはインドシナとマレー半島に、
      そのほかの多くはボルネオなどの南の島国とマレー半島の一部に生息しています。(ヘキサゾナ、テトラゾナ、ロンボオケラータス、アンキスポルスなど)

      ベタに関してですが、もちろんカンボジアから日本に輸入することは可能ですが、
      ビジネスとしての大規模な輸入ですか?
      それとも個人で数尾持って帰るという程度のものですか?
      いずれにしてもどちらもきちんとした手続きをとることで可能です。

      実際にカンボジア産の○○という名でショップに売っている魚はすべてタイかベトナムから入った個体です。直接、カンボジアから日本に入ることは今はありません。
      その中にはカンボジア産でない個体がほとんどだと思います。
      一部魚を収集して国境地帯まで運んでいる業者はいますので、その一部以外の個体は
      タイやベトナムから輸出する際に適当につけられたインボイスネームだと思います。

      そう考えると、意外とカンボジア産の魚って貴重なんですよね。

      削除
  2. なるほど、カンボジア産とはなってても実際は違うんですね。
    勉強になります、ありがとうございます。
    ビジネスではないんです、自分がもしカンボジアに行ってワイルドベタを
    手に入れられたらと思いまして。なかなか日本でワイルドを見れないし
    ネットとかであったとしても、オスだけとか値段的にも高額だったり
    して、実際にベタの住んでる環境とかを見れて自分で採取とかしてみたい
    というのが、最近の夢でして。

    返信削除
    返信
    1. たけるさん

      個人で数尾持って帰る程度でしたら、
      カンボジア内での規制や法律には触れませんので大丈夫です。
      また、日本での入国(関空で)も以前荷物チェックのところで担当者さんにお聞きしましたが、
      ビジネス目的でなく自己消費するようなものであれば魚は問題ないとの事でした。
      (アジアアロワナなどのサイテスに入る種はもちろんダメです)
      あとは、飛行機会社ですが、これが嫌がられるんですよね(笑)
      例えば酸素パックして発泡に入れて日本なら完璧なものでもダメだというんです(笑)
      (その時の担当者により差はあるかと思いますので、何ともいえませんが)
      ですので、ペットボトルなどに入れて持ち帰るのが一番かと思います。
      手荷物はペットボトルはダメなので、大きなカバンなどと一緒に預ける荷物での話ですが。
      僕も若い頃は何度か小さな魚を持って帰ったことはあります(笑)
      このようなことしかいえませんが、とにかく法律上は大丈夫だと思います。

      削除