2016年9月21日水曜日

メコンの水中12(フォーバーダトニオ編2)

 
メコンの水中12(フォーバーダトニオ編2)のご紹介です!
 
フォーバーの調査はもう6年程継続しながら
 
少しづつですが、
 
いろいろな角度からフィールドで彼らを見てきました。
 
そんな中で、やっぱり見てみたいのは
 
現場を泳ぐ姿ですよね。
 
一昨年前から何度かチャレンジしていたのですが、
 
昨年初めてカメラに収めることができました。
 
 
水深は4mちょっとくらいなのでそれほど深くはなかったですが、
 
流れがあるので実際の遊泳距離は意外と長いので息がなかなかもちません(笑)
 
この時は5個体確認することができたのですが、
 
うち4個体はお互いに遊泳中の時に出会ったパターンでした。
 
水槽で飼育するときと同じように
 
かなり臆病で、こちらに気付くとあっという間に猛スピードで逃げてしまいます(笑)
 
オマケにこの時の透明度はせいぜい2mくらいなので
 
腕を一番前まで伸ばしてカメラを構えながら
 
片腕で岩を掴んだりしながら、
 
泳いで行かないと肉眼では数秒見えますが、
 
カメラだとチャンスはほんの1秒くらいでした(汗)
 
そんな時に撮れたのがこの写真です(笑)
 
僅かに後姿が見えてますよね(笑)
 
でも、確かにダトニオです(笑)

 
それから、
 
この写真は実は昨年放送された情熱大陸の撮影時に撮ったものなんです。
 
放送ではアロワナ調査の方が取りあげられていましたが、
 
実はメコンでのフォーバー調査の時も撮影していました。
 
もし、ダトニオの方がメインとなれば
 
フォーバーがたくさん登場したと思います。
 
その時は15個体くらい集めました。(映らなくて残念っ!)
 
 
いずれにしても(笑)
 
皆さんにはちょっと期待させた割には
 
しょぼい写真でスミマセンでした(笑)
 
次はもう少ししっかりした写真をご覧ください!!
 
次回は今年撮影したフォーバーの幼魚の写真をアップしまーす!!
 
 

2 件のコメント:

  1. フォーバーダトニオを熱帯魚店で一目惚れして、我が家に迎えて数年。現地で生きる姿を目にできる事に感動しました。ありがとうございます!

    返信削除
    返信
    1. 匿名さま
      コメントありがとうございます。
      日本のアクアリストさんにはできるだけ
      好きな魚のフィールドを見てもらえれば幸いです。
      次回はもっとキレイに写るフォーバーダトニオを紹介しますね。

      削除