2016年6月25日土曜日

シャリ―改に出会いました

先日、お寺へ行った際に近くの村で出会ったHONDAのシャリ―です。
 
シャリーは日本でも馴染みのあるバイクで
 
70年代からの長い歴史をもったバイクです。
 
主婦はもちろん!ヤンキーにも人気ですよね!
 
 
そんなシャリーですが、
 
カンボジアにはまだまだたーくさんのシャリーが売っています。
 
そして、そのほとんどが今でも現役です!!
 
 
普通は他のバイクと同様に街乗りに使われ、
 
1~4人乗りは当たり前です!
 
 
そのシャリーの改造車と出会ったので写真撮っちゃいました。
 
ともかく、後ろのタイヤが長いんです(笑)

 
スイングアームをペラペラの鉄棒で延長してあるんです。

 
下の写真がその溶接部分です。
 
ショックの位置や強度などいろいろ考えると、
 
高速で走るのは怖いですよね(笑)
 
でも、こうして考えてバイクを改造する人がいることが嬉しかったですね。
 
カンボジアは改造パーツが日本の様に豊富にないので
 
一部の種類を除いてはなかなかその分野の発展はみられません。

 
この改造の良し悪しはありますが、
 
この発想と実行力にワクワクしたひとときでしたっ!
 
 
 

2 件のコメント:

  1. 最近、Facebookで「MiniBIKE Cambodia」というのをよく見掛けます。
    ちょっと前までタイなど海外の画像が多かったのですが、最近はカンボジアでミニバイクのカスタマイズを楽しんでる画像も見られるようになりました。規制する法律が無いためか、日本より自由で、見るだけでも楽しいですね。

    https://www.facebook.com/4miniCambodia/

    返信削除
    返信
    1. 村上さん
      コメントありがとうございます。
      カンボジアにもカスタムする人が増えてきてるんですね〜
      日本とは違って改造し放題ですね〜(笑)

      削除